二重になる方法|自力で二重を目指すなら食生活には気を付けろ

自力で二重になるのはどうしたら良いのか?

そんな事を常日頃考えて悩んでいる方も多いでしょう。

そんな方たちの多くは、二重になる方法を探し試してはまた新しいものを探すといった事をしているかと思います。

ここでお伝えしたいのは直接的な二重になる方法ではありませんが、間接的には二重に影響を及ぼすかと思われる食生活についてです。

二重になるためのコツを普段とは違った角度から考えてみましょう。

 

食生活はむくみに関係あり

二重まぶたにならない原因として顔のむくみが考えられます。顔がむくんでいると、うまく皮膚が折り畳まれずに腫れぼったい、分厚い一重になってしまいます。

薄い一重にするためには、むくみをとる必要があります。

では、顔のむくみの原因はどんなものがあるのでしょうか?

よく言われるのが睡眠です。寝すぎて顔がむくんだ!とよく聞きますよね。その他に考えられるのが食生活です。

 

水分のとりすぎ

まずむくみに関係あるのは水分です。水分は体にとってはとてもよいのですが、飲み方に注意すべきことがあります。

冷たい水には要注意!

冷たい水は内臓を過剰に冷やしてしまう可能性があります。

体が冷えてしまうと、排尿バランスが崩れ、体に水分が溜まったままになってしまいます。

体に水分が溜まった結果、顔にはむくみとして現れますので、水分を取る際は冷たいものには注意してくださいね。

 

塩分のとりすぎ

食生活として塩分は欠かせない調味料ではありますが、全ての料理に塩分が入っていては過剰摂取となってしまいます。

体に塩分が多く入ってくると、中和しようと体は水分を欲します。水のとりすぎは顔のむくみとして現れてしまいます。

そのため塩分の多い食事は控えると良いでしょう。

 

アルコール摂取

ここまで来るともうお気づきかもしれませんね。

アルコールを飲むと血管が膨張します。

膨張した血管は体内の水分を体外に逃しやすくなります。

こうして顔が赤くなったりむくみの原因にもなります。

また、血液の詩文が少なくなるため、水分を欲します

そして体に水分が溜まった結果、顔にはむくみとして現れますので、水分を取る際は冷たいものには注意してくださいね。

二重にするためのアイテム(二重ケアアイテム)の選び方

重たい一重からぱっちり二重になるためには、二重を作るアイテムが必要ですよね。

  • でもでの二重アイテムを選んだら良いかわからない…
  • どおれが一番効果的なのか分からない…

といった人も多いかと思います。

ここでは二重にするためのアイテムを3種類をご紹介します。

 

アイビューラー・付けまつげを使う方法

アイビューラーや付けまつげでも二重になることが出来ます。

アイビューラーでまぶげを思いっきり上に上げると、まぶたが押し上げられますので、二重ラインを作ることが出来ます。

ただ、この方法は二重まぶたが薄い人に限られますので、重い一重の方には全く無意味な二重の作り方になるかと思います。

また、付けまつげをつけると二重になる人も存在します。

ただ、こちらの方法も元々まぶたが薄い人に限られますので、分厚いまぶたの方には全く意味がない使い方となります。

ピンを使用する方法

こちらは二重になる方法で調べるとよく出てくるやり方だと思います。

ピンなどの細い棒でをまぶたに押し付けてラインを作る方法です。

自宅にあるもので完結できる一方で、毎日根気よく続ける必要があります。正直、アイプチなどを使用して二重を作る良りも大変かと思います。

鏡を見ながら毎日同じラインを引き続けます。

注意点としては、まぶたを傷つける可能性があります。傷ついたまぶたに石鹸がしみてまぶたが痛いといった事にならないように、優しくラインを引いてあげましょう。

 

アイプチや寝ている間にクセをつける方法

 

このやり方が一般的で最も効果的だと思います。

アイテムを購入する必要はありますが、アイプチなら数百円で二重クセをつけることが出来ますので、お金がない学生でも使い始めることができるかと思います。

アイプチは昼間や夜中の長い時間クセをつけることが出来ますし、なにより手が塞がらないのが良いですね。

しかし、まぶたは人間の皮膚の中で最も薄く、アイプチなどが長時間触れていると痒みや痛みを生じる可能性も0ではありません。

中には、夜中寝ている間だけで二重のクセ付けができる、のりタイプの商品も販売されています。のりタイプなので肌荒れ防止の成分を配合することも出来、長時間付けていても安心できるものもあります。

二重まぶたになれる人なれない人|特徴は?コツは?

二重まぶたに憧れる女性は多いと思います。というより二重まぶたじゃいないと駄目というくらい、近年では二重まぶたの必要性が高まっています。

  • 一重まぶただと就職でも不利
  • 一重まぶただと友達ができない

そんな今の時代を生き抜くために、一重まぶたを二重にするアイテムが販売されています。

整形はちょっと怖いしお金もない。

そんな方たちの味方になるのが二重アイテムです。

しかしそんな二重アイテムを使っても二重になれない人がいます。

あなたは二重になれるまぶたですか?

 

あなたは二重まぶたにできる?

初めに残酷なお知らせがあります。

それは自分で二重になれる人となれない人がいるということです。

もし、これからご紹介する”自分で二重になれる人の特徴”に当てはまれなければ、自分で二重まぶたできる可能性は著しく低くなります。

自分で二重になれる特徴とは、

  • 瞬きで二重になるときがある人
  • パソコンやスマホで目がつかれた時に二重になる人
  • 寝不足や寝た時に二重になる人
  • まぶたの脂肪が少なくてまぶたが薄い人

これらのように一度自然と二重になってことでなければ二重になる可能性は低くなっていきます。

これらの方が二重になろうとクセつけをチャレンジしてみると、3ヶ月ほどで二重ラインは定着してくるかと思います。

3ヶ月もかかるなんて面倒…

そんな声も聞こえてきそうですが、たった3ヶ月であなたの今後何十年の生活が変わると考えればがんばれますよね。

 

二重を作るコツ|まぶたのむくみ脂肪を取る

二重のラインのクセを付け始める前にあなたがやっておくべきことがあります。

それは、まぶたの脂肪やむくみを取ることです。まぶたへマッサージをしてむくみや脂肪を取りましょう。

この時、目頭から目尻にかけて老廃物を流しイメージでマッサージをしてください。(オイルなどを使用するとまぶたへの負担が軽減できます。ただ、ニキビ質の方や毛穴の開きに悩んでいる方はオイルは使用しないほうが良いでしょう。毛穴にオイルが詰まり、二重の悩みに加えて毛穴の黒ずみの悩みも増えてしまいます。)

むくみで一重になっている方もいますので、マッサージをするだけであっというまに二重になる方もいるそうです。

また、蒸しタオルでまぶたを温めてからマッサージを行うとマッサージの効果も高まるかと思います。

 

自分で二重を作る注意点 

自分でまぶたを作る際の注意点です。

まぶたは非常に薄い皮膚ですので、腫れ痒み痛みが出てきた際は、使用を中止して下さい。

二重になるどころか、腫れぼったい一重になってしまう可能性もあります。

二重を作るのはダイエットと同じく根気よく長く継続することも大切です。最低でも3ヶ月は継続してやったほうが良いでしょう。