Posted in 未分類

二重整形・二重手術の種類とは?

一重から二重にする方法といえば手術(整形)を思いつく人がいるかと思います。

この記事では二重整形の種類を紹介していきます。

二重手術の週類には2通りあります。

 

埋没法

メスは使わずにまぶたを糸で止めるだけの二重手術(整形)です。

糸の本数を増やせば増やすほど周りにバレにくくなる一方でお値段は上がります。

プチ整形と言われるのはこちらで気軽にできるので若い世代に人気となっています。

この二重は永久ではなく、3年から10年ほどで元の一重まぶたに戻ってしまうデメリットがあります。

手術の時間は10~20分ほどで、二重のラインが気に入らなかったらやり直しが効くメリットもあります。

プチ整形と言われていますが、2~3日程はまぶたが腫れますので長期休みを狙いましょう。

 

切開法

まぶたにメスをいれて二重のラインをつくる二重手術(整形)です。

厳密には部分切開と全切開法に分けられますが、ほとんど全切開法の手術(整形)を指しています。

こちらはまぶたを切るためやり直しが聞かないので、しっかりとしたカウンセリングがポイントとなります。

 

整形は値段もかかるし失敗のリスクもある

二重整形をするメリットとすれば、比較的短期間で二重にすることができるということですが、失敗するリスクもあるということです。

(失敗とは自分が望んでいた二重や想像していた二重とは違う仕上がり)

なんと言っても自分では何も出来ないのが手術ですし、先生を頼るしかありません。評判が良くない病院に当たってしまうと流れ作業のような手術(整形)で残念な仕上がりになってしまう可能性もありますので要注意です。

それに値段がかかりすぎるというのもデメリットですね。

そこで二重整形(手術)は最後の手段として残しておいて、まずは今できることをやってみませんか?

マッサージをすればむくみが取れて二重になりやすくなりますし、毎日二重のクセをつければ自然と一重が二重になってくる可能性もあります。

アイプチや夜用アイプチをまずは試してみることをおすすめします。