Posted in 未分類

二重整形・二重手術の種類とは?

一重から二重にする方法といえば手術(整形)を思いつく人がいるかと思います。

この記事では二重整形の種類を紹介していきます。

二重手術の週類には2通りあります。

 

埋没法

メスは使わずにまぶたを糸で止めるだけの二重手術(整形)です。

糸の本数を増やせば増やすほど周りにバレにくくなる一方でお値段は上がります。

プチ整形と言われるのはこちらで気軽にできるので若い世代に人気となっています。

この二重は永久ではなく、3年から10年ほどで元の一重まぶたに戻ってしまうデメリットがあります。

手術の時間は10~20分ほどで、二重のラインが気に入らなかったらやり直しが効くメリットもあります。

プチ整形と言われていますが、2~3日程はまぶたが腫れますので長期休みを狙いましょう。

 

切開法

まぶたにメスをいれて二重のラインをつくる二重手術(整形)です。

厳密には部分切開と全切開法に分けられますが、ほとんど全切開法の手術(整形)を指しています。

こちらはまぶたを切るためやり直しが聞かないので、しっかりとしたカウンセリングがポイントとなります。

 

整形は値段もかかるし失敗のリスクもある

二重整形をするメリットとすれば、比較的短期間で二重にすることができるということですが、失敗するリスクもあるということです。

(失敗とは自分が望んでいた二重や想像していた二重とは違う仕上がり)

なんと言っても自分では何も出来ないのが手術ですし、先生を頼るしかありません。評判が良くない病院に当たってしまうと流れ作業のような手術(整形)で残念な仕上がりになってしまう可能性もありますので要注意です。

それに値段がかかりすぎるというのもデメリットですね。

そこで二重整形(手術)は最後の手段として残しておいて、まずは今できることをやってみませんか?

マッサージをすればむくみが取れて二重になりやすくなりますし、毎日二重のクセをつければ自然と一重が二重になってくる可能性もあります。

アイプチや夜用アイプチをまずは試してみることをおすすめします。

 

Posted in 二重について

中学生でも二重になりたい!整形なしでも目を大きくみせる方法

中学生のもなると友達とプリクラを撮ったりするでしょう。その時”目”について悩みませんか?

  • 友達と比べる私は目が小さい
  • プリクラなら目が大きくなるのにリアルとのギャップが…
  • 芸能人や読者モデルの目が羨ましい

などと他人との違和感を感じるのが思春期(中学生)でもあるでしょう。

中学生のコンプレックスといえば、ニキビのや目といった事があるかと思います。そんなコンプレックスを1つである目の大きさは、二重にするだけで変わってくるでしょう

あなたの目が二重になるだけで、目の大きさは1.5倍には大きく見えるかと思います。

 

整形で二重にすれば目は大きくなる

 

中学生では金銭的に難しいのが整形です。金銭面で解決したとしても親からの反対がある可能性もあるでしょう。未成年という身分では整形も一人では出来ません。(親の承諾が必要になってくるため)

整形で二重にすることが最も確実な目を大きくする方法ではありますが、中学生では無謀なので、他の二重の方法を考えてみましょう。

 

マッサージで二重にして目を大きくする

整形が無理で一番お金がかからない二重で目を大きくする方法はマッサージです。マッサージと聞いて「何だマッサージかよ」と言われそうですが、マッサージはとても大切な二重になるポイントです。

まぶたや眉毛のむくみをとることで、まぶたが薄くなり、二重になりやすくなります。朝や昼間にマッサージをすることで二重のうっすら線ができ、効果的に二重になることが出来るかと思います。

しかしまぶたは皮膚が弱いため、「全然二重にならない!」といっても、やりすぎには注意して下さい。

ヒリヒリと痛みが出る他、クマの出来る原因にもなりかねますので、新しい悩みが生じる可能性があります。くれぐれも優しく丁寧にを心がけてマッサージをしてくださいね。

 

 

アイプチで二重にして目を大きくする

アイプチを使った二重の方法は定番ですよね。しかし、

  • アイプチは上手くできない
  • アイプチはうざい!

そんな事をいう中学生がいますが、アイプチの使い方にはコツが必要です。使い方は商品によって異なるため紹介することは出来ませんが、まぶたにシールを貼ってまぶたをくっつけて織り込む方法です。

プッシャーという棒の使い方がコツになります。

他にも夜寝ているだけで二重になるという商品もあります。芸能人やモデルなどで評判もよく、口コミでも人気な商品となっていますよ。

中学生には値段が高いかもしれませんが、試してみても良いかもせいれませんね。

 

まとめ

中学生が二重になるには方法が限られてくるなと思いました。

アイプチで毎日二重のクセをつけるか、夜用二重商品で二重のクセをつけるしかないかと思います。

しかしどっちにしろお金は必要になってくるため、親に頼み込むしか方法はなさそうですね。

 

Posted in 二重について

自力で二重にするためのマッサージ方と注意点

自力で二重にしようとするとすれば、マッサージは必要になってくるでしょう。マッサージによって、まぶたのむくみや老廃物をとる必要があるからです。

眉やまぶたは老廃物が溜まりやすく”老廃物の秘密基地”とも言われています。そんな老廃物が原因でいくら二重ケアをしても二重になれないことが…

マッサージをしただけで二重のうっすら線が出来たという人もいますから、軽視出来ませんね。

ここでは一重から二重になるためのマッサージ方法を紹介していきます。

 

二重を作りやすくするためのマッサージ

  1. 目をとじて人差し指でまぶたをつまんで上に引っ張ります。
  2. 眼球の受けから目尻に向かって撫でます。
  3. 目尻に人差し指を置いて目を開けてキープ。

これで二重が作りやすくなるかと思います。まぶたを引っ張る際は強く引っ張らないようにして下さい。

肌荒れや赤みの原因となります。

 

まぶたの老廃物を流すマッサージ

  1. 目頭に人差し指を置いてまぶたの腹で目尻に向かい優しスライドさせます。
  2. まぶたの老廃物を目尻に向かい流すイメージで数回さすります。

これでまぶたの老廃物が流れ、まぶたがスッキリしてむくみが改善されるかと思います。もう目が開けやすくなっている人もいるのでは無いでしょうか?

これを毎朝行うと、目が朝むくむといった事が減るかと思います。

 

マッサージを行う時の注意点

1日1回だけ行うこと

二重のマッサージは老廃物を流し、むくみを改善する目的では効果的ですが、皮膚へは負担となります。

二重にしたい一心でマッサージをしすぎると肌荒れが起きたり、赤みが生じたりと、一重の悩みよりも深刻な悩みが出来る可能性があります。

また、マッサージはシミやシワの原因にもなりますので、くれぐれもやりすぎには注意して下さい。

※コンタクトや化粧がない状態でマッサージをして下さい。目を痛める可能性があります。

 

クリームを使って皮膚に優しく

マッサージはクリームやオイルを使って滑りを良くして皮膚に優しい状態でマッサージを行いましょう。

また滑りを良くするだけでなく、乾燥を防ぐことも出来ますので、クリームやオイルを使ってマッサージを行って下さい。

(お風呂上がりのマッサージが効果的です。)

 

蒸したタオルで血行を良くする

蒸したタオルをまぶたに当てることで血行が促進され、むくみを取ることが出来ます。

蒸しタオルを当てた後は冷えタオルを目に当てることが効果的です!

 

Posted in 二重について

二重になる方法|自力で二重を目指すなら食生活には気を付けろ

自力で二重になるのはどうしたら良いのか?

そんな事を常日頃考えて悩んでいる方も多いでしょう。

そんな方たちの多くは、二重になる方法を探し試してはまた新しいものを探すといった事をしているかと思います。

ここでお伝えしたいのは直接的な二重になる方法ではありませんが、間接的には二重に影響を及ぼすかと思われる食生活についてです。

二重になるためのコツを普段とは違った角度から考えてみましょう。

 

食生活はむくみに関係あり

二重まぶたにならない原因として顔のむくみが考えられます。顔がむくんでいると、うまく皮膚が折り畳まれずに腫れぼったい、分厚い一重になってしまいます。

薄い一重にするためには、むくみをとる必要があります。

では、顔のむくみの原因はどんなものがあるのでしょうか?

よく言われるのが睡眠です。寝すぎて顔がむくんだ!とよく聞きますよね。その他に考えられるのが食生活です。

 

水分のとりすぎ

まずむくみに関係あるのは水分です。水分は体にとってはとてもよいのですが、飲み方に注意すべきことがあります。

冷たい水には要注意!

冷たい水は内臓を過剰に冷やしてしまう可能性があります。

体が冷えてしまうと、排尿バランスが崩れ、体に水分が溜まったままになってしまいます。

体に水分が溜まった結果、顔にはむくみとして現れますので、水分を取る際は冷たいものには注意してくださいね。

 

塩分のとりすぎ

食生活として塩分は欠かせない調味料ではありますが、全ての料理に塩分が入っていては過剰摂取となってしまいます。

体に塩分が多く入ってくると、中和しようと体は水分を欲します。水のとりすぎは顔のむくみとして現れてしまいます。

そのため塩分の多い食事は控えると良いでしょう。

 

アルコール摂取

ここまで来るともうお気づきかもしれませんね。

アルコールを飲むと血管が膨張します。

膨張した血管は体内の水分を体外に逃しやすくなります。

こうして顔が赤くなったりむくみの原因にもなります。

また、血液の詩文が少なくなるため、水分を欲します

そして体に水分が溜まった結果、顔にはむくみとして現れますので、水分を取る際は冷たいものには注意してくださいね。

Posted in 二重について

二重にするためのアイテム(二重ケアアイテム)の選び方

重たい一重からぱっちり二重になるためには、二重を作るアイテムが必要ですよね。

  • でもでの二重アイテムを選んだら良いかわからない…
  • どおれが一番効果的なのか分からない…

といった人も多いかと思います。

ここでは二重にするためのアイテムを3種類をご紹介します。

 

アイビューラー・付けまつげを使う方法

アイビューラーや付けまつげでも二重になることが出来ます。

アイビューラーでまぶげを思いっきり上に上げると、まぶたが押し上げられますので、二重ラインを作ることが出来ます。

ただ、この方法は二重まぶたが薄い人に限られますので、重い一重の方には全く無意味な二重の作り方になるかと思います。

また、付けまつげをつけると二重になる人も存在します。

ただ、こちらの方法も元々まぶたが薄い人に限られますので、分厚いまぶたの方には全く意味がない使い方となります。

ピンを使用する方法

こちらは二重になる方法で調べるとよく出てくるやり方だと思います。

ピンなどの細い棒でをまぶたに押し付けてラインを作る方法です。

自宅にあるもので完結できる一方で、毎日根気よく続ける必要があります。正直、アイプチなどを使用して二重を作る良りも大変かと思います。

鏡を見ながら毎日同じラインを引き続けます。

注意点としては、まぶたを傷つける可能性があります。傷ついたまぶたに石鹸がしみてまぶたが痛いといった事にならないように、優しくラインを引いてあげましょう。

 

アイプチや寝ている間にクセをつける方法

 

このやり方が一般的で最も効果的だと思います。

アイテムを購入する必要はありますが、アイプチなら数百円で二重クセをつけることが出来ますので、お金がない学生でも使い始めることができるかと思います。

アイプチは昼間や夜中の長い時間クセをつけることが出来ますし、なにより手が塞がらないのが良いですね。

しかし、まぶたは人間の皮膚の中で最も薄く、アイプチなどが長時間触れていると痒みや痛みを生じる可能性も0ではありません。

中には、夜中寝ている間だけで二重のクセ付けができる、のりタイプの商品も販売されています。のりタイプなので肌荒れ防止の成分を配合することも出来、長時間付けていても安心できるものもあります。