Posted in 二重について

二重まぶたになれる人なれない人|特徴は?コツは?

二重まぶたに憧れる女性は多いと思います。というより二重まぶたじゃいないと駄目というくらい、近年では二重まぶたの必要性が高まっています。

  • 一重まぶただと就職でも不利
  • 一重まぶただと友達ができない

そんな今の時代を生き抜くために、一重まぶたを二重にするアイテムが販売されています。

整形はちょっと怖いしお金もない。

そんな方たちの味方になるのが二重アイテムです。

しかしそんな二重アイテムを使っても二重になれない人がいます。

あなたは二重になれるまぶたですか?

 

あなたは二重まぶたにできる?

初めに残酷なお知らせがあります。

それは自分で二重になれる人となれない人がいるということです。

もし、これからご紹介する”自分で二重になれる人の特徴”に当てはまれなければ、自分で二重まぶたできる可能性は著しく低くなります。

自分で二重になれる特徴とは、

  • 瞬きで二重になるときがある人
  • パソコンやスマホで目がつかれた時に二重になる人
  • 寝不足や寝た時に二重になる人
  • まぶたの脂肪が少なくてまぶたが薄い人

これらのように一度自然と二重になってことでなければ二重になる可能性は低くなっていきます。

これらの方が二重になろうとクセつけをチャレンジしてみると、3ヶ月ほどで二重ラインは定着してくるかと思います。

3ヶ月もかかるなんて面倒…

そんな声も聞こえてきそうですが、たった3ヶ月であなたの今後何十年の生活が変わると考えればがんばれますよね。

 

二重を作るコツ|まぶたのむくみ脂肪を取る

二重のラインのクセを付け始める前にあなたがやっておくべきことがあります。

それは、まぶたの脂肪やむくみを取ることです。まぶたへマッサージをしてむくみや脂肪を取りましょう。

この時、目頭から目尻にかけて老廃物を流しイメージでマッサージをしてください。(オイルなどを使用するとまぶたへの負担が軽減できます。ただ、ニキビ質の方や毛穴の開きに悩んでいる方はオイルは使用しないほうが良いでしょう。毛穴にオイルが詰まり、二重の悩みに加えて毛穴の黒ずみの悩みも増えてしまいます。)

むくみで一重になっている方もいますので、マッサージをするだけであっというまに二重になる方もいるそうです。

また、蒸しタオルでまぶたを温めてからマッサージを行うとマッサージの効果も高まるかと思います。

 

自分で二重を作る注意点 

自分でまぶたを作る際の注意点です。

まぶたは非常に薄い皮膚ですので、腫れ痒み痛みが出てきた際は、使用を中止して下さい。

二重になるどころか、腫れぼったい一重になってしまう可能性もあります。

二重を作るのはダイエットと同じく根気よく長く継続することも大切です。最低でも3ヶ月は継続してやったほうが良いでしょう。