Posted in 二重について

二重にするためのアイテム(二重ケアアイテム)の選び方

重たい一重からぱっちり二重になるためには、二重を作るアイテムが必要ですよね。

  • でもでの二重アイテムを選んだら良いかわからない…
  • どおれが一番効果的なのか分からない…

といった人も多いかと思います。

ここでは二重にするためのアイテムを3種類をご紹介します。

 

アイビューラー・付けまつげを使う方法

アイビューラーや付けまつげでも二重になることが出来ます。

アイビューラーでまぶげを思いっきり上に上げると、まぶたが押し上げられますので、二重ラインを作ることが出来ます。

ただ、この方法は二重まぶたが薄い人に限られますので、重い一重の方には全く無意味な二重の作り方になるかと思います。

また、付けまつげをつけると二重になる人も存在します。

ただ、こちらの方法も元々まぶたが薄い人に限られますので、分厚いまぶたの方には全く意味がない使い方となります。

ピンを使用する方法

こちらは二重になる方法で調べるとよく出てくるやり方だと思います。

ピンなどの細い棒でをまぶたに押し付けてラインを作る方法です。

自宅にあるもので完結できる一方で、毎日根気よく続ける必要があります。正直、アイプチなどを使用して二重を作る良りも大変かと思います。

鏡を見ながら毎日同じラインを引き続けます。

注意点としては、まぶたを傷つける可能性があります。傷ついたまぶたに石鹸がしみてまぶたが痛いといった事にならないように、優しくラインを引いてあげましょう。

 

アイプチや寝ている間にクセをつける方法

 

このやり方が一般的で最も効果的だと思います。

アイテムを購入する必要はありますが、アイプチなら数百円で二重クセをつけることが出来ますので、お金がない学生でも使い始めることができるかと思います。

アイプチは昼間や夜中の長い時間クセをつけることが出来ますし、なにより手が塞がらないのが良いですね。

しかし、まぶたは人間の皮膚の中で最も薄く、アイプチなどが長時間触れていると痒みや痛みを生じる可能性も0ではありません。

中には、夜中寝ている間だけで二重のクセ付けができる、のりタイプの商品も販売されています。のりタイプなので肌荒れ防止の成分を配合することも出来、長時間付けていても安心できるものもあります。